検索結果の誹謗中傷をクリーンに対策!!

あらゆる誹謗中傷や情報漏洩といった、
ネガティブな記事の検索順位を下げて被害を最小限に抑えます!
検索結果1ページ目からネガティブサイトを排除する事がお悩み解決の第一歩です。

検索結果に中傷サイトや批判的な口コミが上位表示されてしまう!

風評被害は早期に対策しないと広がり続けます!

ネガティブな検索結果が招く大きなダメージ

新規の取引を検討している取引先候補者や、商品を購入しようかと検討している潜在顧客は、必ずYahoo!やGoogleなどの検索エンジンで「会社名」や「商品名」「サービス名」を検索して調べています。
会社名や商品名・サービス名、あるいは特定の個人名で検索した際に、悪質な書き込みがされた掲示板・2ch、批判的なサイト、マイナスな口コミ、誹謗中傷ブログなどのマイナスな検索結果が表示されてしまいますと、商品購入をためらったり、企業イメージ低迷、営業の機会損失や信用面で、深刻な風評被害を受けることになります。
それだけでなく、自社の社員や採用応募者、取引先企業、家族や友人などにも検索結果を見られる恐れがあります。
このような被害を最小限に抑えるのが逆SEO対策サービスです。

掲示板・2ch、批判的なサイト
マイナスな口コミ、誹謗中傷ブログが
検索結果に

粗悪商品、ブラック企業、詐欺などのキーワードが表示されてしまいます。

  • 購買意欲の低下
  • 信用の低下
  • ブランドイメージの低下

ネガティブな情報を放置していると・・・大変なことに!

ネガティブな情報は放置していると、多方面で予期せぬ悪影響を及ぼします。
風評対策の中で危惧しなければならない事の1つに情報の拡散が挙げられます。企業・個人にとって有益な情報も、不利益な情報も同じようにネットの上に存在しており、尚且つ、とてつもない速さで世の中に知れ渡ります。
個人や企業を批判するようなネガティブな記事や口コミがたった一つあっただけでも、その記事を多くの人が共有することが出来てしまうのです。その影響は時にわたしたちの想像をはるかに越えることがあります。
逆SEO対策はそんな大きな被害を抑える事のできるサービスとなります。

1つの書き込みが
あっという間に拡散!!

逆SEO対策について詳しくはこちらから

ネット風評被害とは

ほとんどの方が商品やサービスを購入する前にインターネットで情報を収集します。
インターネットは最新かつ詳細な情報が簡単に手に入るからです。
概ねのことなら誰でもすぐに調べられる環境になった半面、インターネットを通して他人や企業の情報を簡単に発信出来るようになってしまった為に、悪評を発信する人も増えてしまいました。
例えば、在職者や離職者が会社の内情等の情報を不特定多数が閲覧可能な掲示板に流してしまうこともよく起こります。それにより個人情報が流失してしまい会社の信用が崩れてしまうケースも現実に起きています。

悪評は短時間で拡散

1人の悪評書き込みが時間と共に広がる

企業のイメージダウン

悪評書き込みが企業に多大な影響を及ぼす

風評被害のきっかけ

サービスを受けた顧客の印象や、個人的な悪い意見も本来であればサービス向上の為の貴重な情報としてありがたく思うのですが、インターネットで不特定多数に発信されてしまうと、その情報を見た方からは、個人的な意見ではなくその企業のイメージとしてマイナスのイメージを持たれてしまいます。このような些細なことがきっかけで企業にとって大打撃を受けてしまうことが現実に起きています。

信用は失うと取り返しがつきません

インターネットで企業やサービス名を検索した際に風評を見つけてしまった方の、ほとんどの方は、その企業・商品に対し不信感を持ってしまいます。一度不信感を持たれてしまうと、そのイメージを払拭するには非常に時間がかかります。

風評がもたらす被害

インターネットの風評の影響は、営業・人事・管理・経営等、企業活動全般において深刻な被害をもたらしますが、一番怖い被害は、風評が拡散してしまうことです。以前は企業の評判とは口コミで広がるものであり、スピードも範囲も限られていました。しかし世界中の情報が簡単に手に入るようになった今は、瞬く間に風評が広範囲に広がってしまいます。そうなると、一部の方からの信頼だけでなく非常に大勢の方の信頼をすぐに失ってしまいます。

売上低下

現在は商品やサービスの購入を決定する前にインターネットで情報収集する方が非常に増えていますので、風評が目についてしまうと他社商品を検討したり、購入そのものをやめてしまいます。

信頼の喪失

長年かけて培ってきたお取引先との信頼関係も風評があることにより不信感を持たれてしまい、一瞬で信頼を失ってしまいます。

内定辞退

求職者は気になっている企業や、選考中の企業の情報をインターネットで収集します。その際に風評があると内定を辞退してしまいます。

モチベーションの低下

自社名でインターネットで検索した社員が風評を見てしまうと不安になりモチベーションが低下してしまい、最悪のケースですと離職してしまうケースもありま す。

個人情報の流失

インターネット掲示板のように誰でも簡単に匿名で書込みが行える現在は、軽い気持ちで他人の個人情報を掲載してしまう人が増えています。

逆SEO対策について詳しくはこちらから

風評被害対策のご相談はこちらから

インターネット上の中傷、悪口、批判的書き込みにお悩みの方はお気軽にご相談ください!

メールでのお問合せ・お申込み

逆SEO対策とは

何かに興味を持ったユーザーは必ずインターネットで情報を収集致します。検索の際に1ページ目にネガティブなサイトが表示されると多くの機会損失・イメージダウンを生んでしまいます。逆SEO対策は、一般のSEO対策とは異なり、「企業名」「商品名」「個人名」などのキーワードで検索を行った際に、YAHOOやGoogleの検索結果にネガティブなサイトを表示させないようにする事により、企業ブランドや個人信用を守る検索エンジンマーケティング手法です。

逆SEOの実例

逆SEOに関するQ&A

ページトップへ